港北区歯科医師会

港北区歯科医師会

会員ページにログイン

歯科健診checkup

見出しマーク各診療所で行っている歯科健診

妊婦歯科健診

妊娠中は、つわりなどにより歯磨きがうまくできないことも多く、それに加えてホルモンバランスの変化などにより歯肉に炎症が起きやすくなります。重症化すると歯周炎に進行し歯を失うだけでなく、さまざまな影響を体に与えることがあります。歯周病の影響により、早産・低出生体重児などを含む妊娠出産合併症の発現率を高めるリスク因子であると報告もあります。歯周病の早期治療と継続的な口腔ケアがとても大事です。

横浜市妊婦歯科健診のご案内

早めに歯科健診をうけてトラブル回避しましょう。横浜市在住の妊婦は、横浜市の助成制度を利用して、無料で歯科健診を受けることができます。

対象者
横浜市に住民登録している妊婦が対象
受診回数
妊娠期間中に一回のみ
料金
無料
持ち物
・母子健康手帳
・産科診察券
・横浜市妊婦歯科健診受診券
実施している歯科医院
横浜市港北区で横浜市妊婦歯科健診の実施歯科医院は、こちらでお探しできます。
お住まいのお近くの歯科医院を探して、受診しましょう

歯周病検診

歯周病とは、歯と歯を支える組織(歯周組織)におけるさまざまな病態の総称です。歯ぐきの腫はれや出血から始まり、放っておくとやがて歯がぐらついて抜けてしまうということもあります。かつてよく耳にした歯槽膿漏(歯ぐきから膿うみが出る病気)は、歯周病の一つの症状を表わしています。日本では現在、中高年の8割以上がこの歯周病にかかっているといわれています。

歯周病検診のご案内

歯を失う主な原因はむし歯と歯周病。とくに歯周病は、痛みなどの自覚症状がほとんどないだけに、気づいたときには、すでに歯を保てない状態ということも少なくありません。歯周病の予防、早期発見・早期治療のためは、歯周病検診はもっとも重要です!横浜市内在住の40歳、50歳、60歳、70歳の方は、横浜市の助成を利用した歯周病検診を受けることができます。

対象者
横浜市内在住で、検診受診時に40歳、50歳、60歳および70歳の方
実施期間
年1回(対象年齢にある期間)
実施場所
横浜市歯周病検診実施医療機関
受診費用
500円(70歳の方は無料)
※生活保護世帯等無料になる場合があります。
受診方法
横浜市港北区で歯周病検診の実施歯科医院は、こちらでお探しできます。
あらかじめ、歯科医院に電話等で歯周病検診のご予約をしてください。本人確認のため、身分証明書をご持参ください。

見出しマーク保健センターや学校で行う歯科健診

乳幼児歯科健診

横浜市港北区では、港北区民を対象に1歳6か月児健診と3歳児健診をおこなっています。
歯科では主にむし歯の健診と、歯ブラシ指導などを行っています。

保育所入所児童歯科健診

港北区歯科医師会は契約保育所にて、年1回以上の歯科健診および保健指導の実施を行っています。

学校歯科健診

学校保健安全法に基づき、横浜市立の小・中・高・特別支援学校に港北区歯科医師会に所属する歯科医師が従事しております。その職務は、健康診断・相談・授業等を通して、保健管理・教育・組織活動に関する専門的事項に関し、技術及び指導にあたっております。

上矢印
ページ先頭へ
↑
上に戻る